ワーケーション

Know the disparities in the Philippines|フィリピン 貧困 セレブ

フィリピン滞在中の今日は

ローカルフィリピン〜セレブフィリピンを一気に駆け抜けた1日。

 

同じ国で

車で数十分の距離

こんなにも

街並み

空気感

住んでる方の服装

表情

全てにおいて違う。

 

では早速。まずはローカルから。

 

LocalPhilippinesは危険がいっぱい?!

 

 

案内して下さる方から

 

汚れやすい格好

動きやすい靴

高価なのものは持たない

パスポート等もホテルに置いておく

等の事前にチェックリストをいただいき、いざ!

 

どんな危険な地域に!?

ワクワクです。

 

1日のスタートはバクラランという場所から。

この場所はガイドブックには

 

危険だから近づかない方が良い

 

と記載されているような場所たそうで、

確かに観光客はいない

 

その分、

珍しげに見られてる気が

 

毎日マーケットが開催されていて、

 

服、靴などのファッションアイテムを始め

携帯電話

ビニールの手提げ袋

とうもろこしやマンゴーなどローカルフード

 

などなど

 

色んなジャンルの露店が

店と店の境目が分からないくらい

混在していました。

 

 

 

 

散々迷った挙句、

 

サンダル購入。

 

こちらで80php

だいたい160円!?

 

 

破格!

日本で買うと、10倍は優に超えますよね。

Tシャツも100phpとお土産としてはかなりお得に買えるのではないでしょうか。

 

 

ただ、注意が必要なのは、

ここでのブランド品表記は信用しないこと。

ほぼ正規品ではないらしいので、ご注意を。

 

 

 

 

電車にて移動です。

 

時刻表もない。

アナウンスもない。

 

 

フィリピンの電車は5分間隔で来ることもあれば

15分経っても来ないこともある、

 

利用する際は

「時間に余裕を持つ」

ことが必要な乗り物だそう。

 

 

 

 

スリも多いので、こちらも観光で来た方はほとんど利用しない乗り物だそう。

 

海外観光での移動はUber Grabが定番ですが、

 

その国の空気感を感じるには電車もいいですよね!

 

 

カリエドは更にローカル

 

その後は更にローカルスポットへ。

バクラランよりも少し貧困層の地域、カリエドです。

 

 

道も舗装されておらず、

 

オートバイにサイドカーがついたトラシクルという乗り物でごった返している中

 

 

道端で洗濯板と桶で洗濯している子ども

 

家の横で椅子と鏡だけ設置して美容院を営む方

 

子どもをプールに入れることを仕事としてる女性

 

車やバイクを洗うことで生計を立てている若者

 

 

 

自分の置かれている環境

生きるために、

できる仕事を精一杯している。

 

 

 

生きるために。

 

 

 

その後、トラシクルに乗って更に移動。

 

 

フィリピンで最貧困の地域へ。

 

下水処理もされていない、

臭いの強い川のすぐ脇

 

ゴミ捨て場から取ってきた廃材を自分で加工して作った家に住み、

(ちなみに屋根が飛ばないようにタイヤや廃材を重しとして乗せてある家も沢山ありました)

 

 

 

 

ゴミの中から

使えそうな物、売れそうな物を探し出して生活をする。

 

そんな生活なので、もちろん、

 

子どもたちの服装も

汚れて伸びた服や大人の服。

それでも、置かれた環境で精一杯生きている

 

 

私たちの置かれている環境。

職業

住む場所

生活スタイル

選択ができることは贅沢なことなんだと切に感じました。

環境への感謝を改めて感じる時間でした。

 

セレブPhilippinesはほぼ日本?

 

ではでは、次は!

セレブフィリピンへ一気に大移動!

BGCという、比較的新しい富裕層の住む地域へ移動です!

 

ショッピングモールに行きましたが、

日本のアウトレットモールにもよく似た観光客もよく訪れる場所だそう。

 

日本でよく目にするレストランやスイーツショップも出店していました。

 

 

先程までとのギャップを感じつつ、

 

更に移動!

 

 

次はセレブという言葉から連想されるであろう場所です。

 

 

 

 

カジノ!

 

外観から異様な存在感。

中に入ってみると煌びやかで、賑やかで。

 

 

 

正にお金持ちWorld!

な空気感。

もちろんセキュリティ万全なのですが

 

まさかの

「How old are you?」

年齢を伝えると、渋い顔()

 

 

日本人幼くてすみません。

 

 

中は

スロット、バカラ、ポーカー

機械のものと対人のものと

沢山のコーナーがありました。

 

 

雰囲気としては、日本でいうラウンド◯のゲームコーナーよく似た雰囲気。

中は撮影禁止なので、写真が取れずで残念です。

 

 

入店されてる方の年齢層も広く、落ち着いて楽しまれていました。

日本でも誘致は進んでいますが本当に必要なんだろうか?と思うような場所でした。

 

 

謎な食べ物の中身は?

 

その後、バクラランに徒歩で移動。

ローカルフードを食しました。

 

 

先入観なく食べて欲しいとのことで

中身を聞かずに出て来たのはこちら!

 

 

黒くどろっとしたスープ。

中には、イカや豚。

問題はこのスープの素。

 

 

 

実は

気になる方は是非フィリピンへ。

 

というのは冗談で、

 

「豚の血」のスープです。

 

確かに事前に聞いていたら、食べれてなかったかも(笑)

 

味もコクがあり、クセになる味でしたよ。

 

 

ローカルフードでこちらも有名!

 

 

 

見た感じは玉子ですが

 

 

ただ見た目とは裏腹に味は美味!

 

こちらもマニラにお越しの際は是非トライを!

ブログで味が伝わらないのが残念。

 

 

Lastは三大サンセット

 

最後は三大サンセットと言われるマニラのサンセットを満喫できるレストランへ。

 

 

フィリピンのビールもいただきながら、定番フードを。

 

 

日本人でも抵抗なく食べれるものばかりでした!

 

文化の違いを感じたのが、

フィリピンでは食べ残しをお持ち帰りすることができるのです。

 

個別に袋に入れてくれるので、

次の日にでも楽しめます。

 

無駄をなくす部分は見習いたい部分ですね!

かなり振り幅の広いフィリピンを満喫しました!

ガイドブックに載っていない場所にも触れて凄く良い経験でした。

明日はどこに行こうかな。


関連記事

 

 

関連記事

  1. ワーケーション

    シンガポール|文化と伝統に触れた日 カトン チャイナタウン リトルインディア

    こんにちは!macoです。前回に引き続き、「やりたいことはすべてや…

  2. ワーケーション

    ワーケーションの始まり|新しい人間関係の旅

    「沢山の人との出会いが、私を成長させる。」近頃、つくづく感じていま…

  3. ワーケーション

    the first day フィリピン|マニラ タクシー 安い

    数日前から旅に来ています。日本から出るのは2回目。今回はフィリ…

  4. ワーケーション

    FAMILYとSTEP UP |マレーシア ペナン 旅

    こんにちは。macoです。最後の滞在先は、マレーシアのリゾート地「…

  5. ワーケーション

    したいときが行動するとき| フィリピン 定番 観光

    マニラ3日目の今日は。the 定番を回ろう!…

  6. ワーケーション

    大阪城で御座船 |内堀 桜

    関西と言えば??京都?奈良?神戸?色々ありますが、やっぱり定番…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

クリック協力お願いします!

脱!そこそこ人生。私のワーケーションの秘密とは?

脱!そこそこ人生。私のワーケーションの秘密とは?
  1. ワーケーション

    KTM鉄道の旅 |クアラルンプール 文化 歴史 
  2. ワーケーション

    大阪城で御座船 |内堀 桜
  3. ワーケーション

    the first day フィリピン|マニラ タクシー 安い
  4. ワーケーション

    the first day of your another journey|誕生…
  5. ワーケーション

    心の地図の重要性|フィリピン ジプニー 
PAGE TOP