Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コブログ

流星|自分の知らない自分

君より綺麗な人でも 君より優しい人でも

君にはなれないんだ もう誰も

 

~~(中略)~~

君の嘘に気づくのは 小さな瞳が見開くから

でも 素直さにまだ 気づけないまま

 

星屑の中 鏤められた 心が二つ

愛の闇を駆け抜けてく 想い 流星になり

流れてゆくよ 君のそばまで 消える前に

僕たちは同じ星座だと 信じてるから

2010/11/17「流星」

 

 

一瞬で流れて どこかに消えていく

そのもの悲しい儚さこそ

流星の姿として印象深いけれど

もしもその先に欠けていたその一つをずっと待っている星があるなら。

それは消えゆく姿ではなく、かえっていく姿。

(小渕健太郎:ALL SINGLES BEST2 ブックレットより)

 

星に恋心を宿した、ファンタジックな1曲ですよね。

その「流星」の

君の嘘に気づくのは 小さな瞳が見開くから

でも 素直さにまだ 気づけないまま

 

という部分から

今日は「自分の知ってる自分」

について考えたいと思います!

 

 

 

自分には4つの領域がある「ジョハリの窓」

 

皆さんは、「自分」をどの程度知っていると思われますか?

自分のことは全て知っている!

という方もいれば

全然自分を分かっていない!

とおっしゃる方もいるかと思います。

ジョゼフ・ルフトとハリー・インカムという2人の心理学者によって提唱された

「ジョハリの窓」という、「自己並びに他者から見た自己の領域を表す概念」があります。

なんだか難しそうな表現ですよね。

1つずつひも解いていきます!

自分に関するすべての事柄の領域を「知っている/知らない」の2次元で、

自分、他者についてそれぞれ分けると4つの領域に分けることができます。

 

この4つの領域、開放、盲点、隠蔽、未知領域と呼びます。

 

 

  開放領域(自分も、他者も知っている)

自分が考えている姿と、他人に見えている姿が一致している姿のことを示します。

この領域が大きければ、誤解のない、円滑なコミュニケーションができるようになります。

 

  盲点領域(他者は知っているが、自分は知らない)

自分に分知らないですが、他人には分かっている姿。

「あの人、自分では気づいていないけれど○○だよね。」と今まで言われたことはありませんか?

その姿がこの領域になります。

 

  隠蔽領域(自分は知っているが、他者は知らない)

自分は知っていても、他者には隠している姿です。

ここの領域が大きいと、他人とのコミュニケーションが不自然になりがちです。

 

  未知領域(自分も他人も知らない)

自分自身も他者も気付いていないあなたです。

この部分があるから、人生は楽しいですよね!

「誰も知らない自分」の発掘、どんな可能性が眠っているのか楽しみですね。

 

 

もっと素敵な自分に成長していくには?

 

自己成長していくためには、いかに「開放領域」を広げるか?が大切です。

自分にも他人にも分かっている領域をより広げることが自分を成長することになります。

ここを広げるためには、他の領域を狭くする必要がありますよね!

そのためのいくつかの行動をご紹介します。

1.自分を隠さず、オープンになる

ありのままの自分でいること。

「こうしなければ」や「他人の目が気になるから」といった感情はひとまず脇に置いておき、

本来の自分がしたい姿を押し込めずにオープンになることです。

 

 

これは、自分の心がけ一つで可能ですよね!

「こんな自分でいたい!」というものを1つ決めること。
自分の軸を決めておくと、自分からも他人からもぶれのない行動ができるようになります。

軸を決めることで、「自分のなりたい姿」がより明確化します。

 

2.他人のアドバイスをフィードバックする

 「盲目領域」を狭める方法ですので、他者の協力が不可欠です。なぜなら自分は知らない自分の姿だからです。

友人、家族、同僚、

「いろんなひとが知っている自分」を知ることが自己成長に大きく役立ちます。

親しい人からのフィードバックをもらうことで、「盲目領域の自分」に触れることができます。

 

「私のダメなところはどこですか?」

 

こんな質問をあなたの大切な人に尋ねてみるのもいいですね。

 

 

3.未知へのチャレンジ

 最後に「未知領域」を小さくする努力です。自分にも、他人にもわからない姿です。

人には誰もが持っている「可能性」の部分なので、おそらくこの「未知領域」はどんなに努力してもゼロにはなりません。

ブラックホールみたいなものでしょうか。

1年前の自分を見つめてみると、私は未知なるチャレンジに踏み込んだように思います。

トラブルが重なり精神的にも肉体的にも追い込まれた結果、人とのつながりの必要性、価値、楽しさを改めて感じ、

現在このようなブログで書き綴っています。

 あなたも自分では経験したことない、他人にも想像がつかないような領域に踏み込んだ自分を想像してみてください。

私のように新たな自分を発見できるかもしれません。

 

あなたらしい人生を送るエッセンスになりますように。。。

 

関連記事

関連記事

  1. アイサレ術

    アイサレ術|スムーズな人間関係の構築方法

    こんにちは!chie(@funfanmakers)です!人という漢…

  2. コブログ

    自分探しの旅|コブクロ 歌詞 蒼く優しく

    あの日の夢を 今もずっと追いかけ 続けていたら今ごろ 僕は ど…

  3. コブログ

    深く深く突き立てた風見鶏 |動機付け

    何気なく交わした約束が 心の道を照らすよあの日始まった物語の鍵とな…

  4. コブログ

    君になれ |コブクロ 歌詞 

    はやく大人になりたいのに 背を屈めていた頃がある 早送りも巻き戻し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Auther

chie

教員と主婦から卒業を経て
強み発見カウンセラーとして活動中。

約1000名のサポート実績あり。

心も体も素の自分(すっぴん)を楽しもう!がコンセプトのオンラインコミュニティ運営中。

 

更に詳しくは自己紹介ページよりご覧ください。

元ネット初心者の元主婦が選んだ「お金に愛される方法」

クリック協力お願いします!

  1. アイサレ術

    自分の強みを知る|グッドポイント診断
  2. ライフスタイルの変化

    したいときが行動するとき| フィリピン 定番 観光
  3. オーストラリア

    ハプニングはハプニングを呼ぶ | ケアンズ旅行記
  4. コブログ

    流星|自分の知らない自分
  5. ライフスタイルの変化

    うつ病体験記② うつ病とのお付き合い 頑張らないススメ
PAGE TOP