習慣の違い=人生の違い|知的パフォーマンスとは?(紹介あり)

こんにちは。macoです。

今回は、最近受けて感銘を受けた考え方について

ご紹介したいと思います。

 

知的パフォーマンスとは?

 

知的パフォーマンスという言葉はご存知ですか?

 

私は1年ほど前まで全く知らなかったです。

 

知的とパフォーマンスの造語になりますが

知的[形動]

①知識・知性の豊かなさま。また、知性の感じられるさま。「知的な人」「知的な生活」
知識・知性に関するさま。「知的な仕事」「知的好奇心」

(出典:デジタル大辞泉)

 

 

パフォーマンス 【performance】

実行。遂行。
演奏。演技。
身体を使って表現する行為。特に現代芸術で,演劇やダンスなどのジャンルを超えて行われる肉体を用いた表現形態。
街頭などで突発的に行う演劇表現。
コンピューターで,処理を実行する能力。性能。
 
(出典:weblio辞書)
 
 
 
 
つまり、知的パフォーマンスとは
 
「知識、知能に関する実行能力」と表すことができます。
 
 
 
知識、知能に関する実行能力…
 
なかなかイメージつかないですよね(笑)
 
 
 
例えば、
 
何かを学ぶ時や
仕事を効率よく処理する時、
 
 
頭をフル稼働しますよね。
 
私もブログの記事を書く際に、
ワーケーションの記事よりも
コブログやアイサレ術の記事はとても頭を使います。
 
 
 
 
 

知的パフォーマンスが落ちていると

 

 
どれだけ長時間学んでいても全然頭に入ってこない
 
時間内に仕事が終わらない
 
 
経験ありませんか?
 
 
 
私も経験あります。
 
 
そんな時はどのようにされていますか??
 
 
 
よく耳にするのは「糖分を取る」
 
 
チョコレートやバナナはすぐにエネルギーに代わるので、ブレイクタイムに取るとよいと聞きます。
 
実は、私もいつも学ぶ際や、ブログを書く際はチョコレートを用意して書いています。
 
 
 
 

 

もちろん、糖分補給で、一時的には回復しますが…

 

 
一時的ではなく、いつも仕事のパフォーマンスの高い方っていませんか?
 
 
想像してみると1人や2人イメージつかれる方はいるのではないでしょうか?
 
 
 
ということは、
 
知的パフォーマンスには、個人差がある。
 
ということになりますよね!
 
 
 
 
「知的パフォーマンス」という言葉自体
 
私の中で衝撃的なワードだったのですが、
 
この知的パフォーマンスは個人差があり、しかも高めることができる!
 
 
これは嬉しいですね。
 
 
 
 
ではどのように高めるのか?
 
 
 
効率よく時間を使うためには

知的パフォーマンスは高い方がいいですよね。

 
 
 
 
頭を常にフル稼働させることで、もっとパフォーマンスが上がるのかな。とか
 
よくある「セルフイメージを高めましょう」というマインド的なことかな?
 
 
 
という漠然なイメージを抱いていたのですが、
 
そうではなく、脳の構造を踏まえた考え方の変化が必要だそう。
 
 
 
私はこの考え方を体系的に解説したセミナーに1年ほど前に受講しに行ったのですが、
時間の使い方ががらりと変わりました。
 
 
 
身近なところでいうと、
今まで成功しても維持できなかったダイエットについても
大成功しました。
 
ちなみをお伝えすると、
10か月ほどで10キロ減量し、現在も維持しています。
 
 
今回、セミナー講師である世界を旅する有名ブロガーのあの方より、情報提供のOKをいただきましたので
こちらで紹介させていただきます。
 
興味ある方はこちらからどうぞ。
 
 
 
↓詳しくはこちらより↓
 

 

   バックナンバー

 
 

 

Auther

chie

教員と主婦から卒業を経て
強み発見カウンセラーとして活動中。

約1000名のサポート実績あり。

心も体も素の自分(すっぴん)を楽しもう!がコンセプトのオンラインコミュニティ運営中。

 

更に詳しくは自己紹介ページよりご覧ください。

元ネット初心者の元主婦が選んだ「お金に愛される方法」

要領の良さは習慣から

Click のご協力お願いします!

 

  1. Self-introduction

    Chieってどんな人?
  2. ライフスタイルの変化

    FAMILYとSTEP UP |マレーシア ペナン 旅
  3. コブログ

    流星|自分の知らない自分
  4. コブログ

    生きてゆく強さ「桜」~切ない体験からの成長~
  5. アイサレ術

    自分の強みを知る|グッドポイント診断
PAGE TOP