Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ライフスタイルの変化

うつ病体験記② うつ病とのお付き合い 頑張らないススメ

こんにちは!chie(@funfanmakers)です!

 

今回は前回の続きの

「うつ病とのお付き合い」についてお話していきます。

 

ネガティブな話は嫌だ!という方は、こちらで回れ右していただければと思います。

小学校教員とうつ病との出会いについてはこちらより。

うつ病体験記①うつ病との出会い 小学校教員の葛藤

新たな発見

風邪だと診断されてお休みを頂いた私。

1日休むと次行けなくなるんじゃないかなぁ…

という予想が見事的中。

朝起きると、頭痛と腹痛と発熱で行けない。

 

 

 

そんな日が数日続いたある日。

校長先生が、様子見で自宅まで訪ねてきてくださいました。

 

そこで、お話下さったことが、

「もしかしたら精神的なものかもしれないから、診療クリニックに行ってみてはどうか」

というご提案でした。

ここで初めて、自覚したんです。

 

風邪じゃなくて、心の疲れからくるものかもしれないんだ。

 

その時、実家に一人暮らしという謎の状況だったのですが

急遽、母に帰ってきてもらい、

一緒に病院に行くことに。

 

心の浄化スポットとの出会い

心理クリニックというのは、たくさんあります。

心を扱うというデリケートな学問。

先生の専門や考え方、人間性など相性が合う病院を見つけるところから始まります。

HPを見たり、口コミを見たり

指導的ではなく、支援的な病院を私は選択して受診することにしました。

 

 

そこで、

受診までの経緯と今の症状をお話しして、診断されたのは

「自律神経失調症」と「軽いうつ」

 

原因となっているであろう「仕事」をまずは考えなくていい環境を作りましょう。

ということで、診断書をいただき、3か月の休職ということになりました。

 

軽い風邪だと思って、

そのうち治るだろうと思って、

仕事を継続していたのですが、

 

もっと前に心にお休みをあげてくださいね。

頑張りすぎちゃいましたね。

 

と先生からは言われちゃいました。

 

自分では、お休みしていて、

誰かに迷惑をかけているこの状況がすごく自己嫌悪だったのですが、

誰かではなく、自分に優しくしてあげてくださいね。とお話下さる先生。

 

この人はエスパーか?!

なんて思いながら、

心の浄化と、休職するという選択をいただいた初受診でした。

 

薬との格闘

休職期間をいただき、

何もすることのなくなった私。

もともと「暇を楽しめない」性格。

 

何かしたーい!

でも気分が乗らなーい!

病院の薬を飲んで、

テレビと布団と仲良しの生活。

 

動かないので、食欲も上がらない。

食欲も上がらないから、食事もそんなに食べない。

食事をとらないから、元気も出ない。

 

 

こんな悪循環。

それに加えて、

抗不安薬や抗うつ薬には、体質によって副作用が大きく出る場合があります。

 

私の例にもれず、

吐き気、動悸、貧血に悩まされ、

病気を治そうとしているのに、

また違う症状に悩まされていることに違和感を感じたこともありました。

(→これは薬を変えてもらったことで、改善しました。)

 

溜め込まずに先生に話すこと。

病気とのうまい付き合い方、早く治す方法の一つだなと感じました。

 

頑張れっていっちゃだめ。

「頑張れ」という言葉は、「うつ病」を持っている方には禁句だとネットや書籍でもよく書いてあります。

 

 

それはなぜか。

うつ病患者の生活は、一見堕落した生活で、無気力、無行動的。

確かにそう見えると思います。

ずーっとテレビを見て、

お腹がすいたらご飯を食べ

何をするでもなく1日過ごすわけなので。

(少なくとも、私はそうでした。)

 

「もっとできることあるんじゃないの?」

「もっと外に出てみたら?」

「もっとできるはず。」

 

周囲からすると、そんな風に感じても不思議ではないと思います。

ですが、

母は一切「頑張れ」とも「○○してみたら」とも言わなかったんです。

ひたすら待ってくれた。

 

この環境の有難さに気づいたのは、相当後になってですが、

相当母も心悩んだのではないかと思います。

 

今回はここまで。

 

次回は最後、「うつ病とのお別れ」についてお話します。

 

いまでこそ、「自分らしく生きる」ことをさせていただいている訳ですが、

この時期は

自分のしたいことが分からない。

思うように行動もできない。

皆が仕事しているときに、自分だけがリフレッシュしていることへの自己嫌悪。

を感じて、相当心と葛藤した数か月だったんです。

 

今うつ病とお付き合いされている方。

頑張らないでください。

あなたはすでに十分頑張っているんです。

頑張りすぎてるから、

心が「疲れたサイン」を出してくれているということだと私は思います。

 

では、今回はこの辺で。

最後までご覧いただき有難うございました!

うつ病体験記③ うつ病とのお別れ 手放す決断

 

関連記事

  1. ライフスタイルの変化

    心の地図の重要性|フィリピン ジプニー 

    こんにちは!chie(@funfanmakers)です!本日は最終…

  2. ライフスタイルの変化

    マリオットホテルでラグジュアリーシンガポール

    こんにちは!chie(@funfanmakers)です!今回のワー…

  3. ライフスタイルの変化

    大分出会いのタビ|ワーケーション生活、地獄編

    こんにちは!chie(@funfanmakers)です!九州グルメ…

  4. ライフスタイルの変化

    うつ病体験記③ うつ病とのお別れ 手放す決断

    こんにちは!chie(@funfanmakers)です。今回は「う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Auther

chie

教員と主婦から卒業を経て
強み発見カウンセラーとして活動中。

約1000名のサポート実績あり。

心も体も素の自分(すっぴん)を楽しもう!がコンセプトのオンラインコミュニティ運営中。

 

更に詳しくは自己紹介ページよりご覧ください。

元ネット初心者の元主婦が選んだ「お金に愛される方法」

クリック協力お願いします!

  1. 未分類

    初めてきてくれたあなたへ
  2. ライフスタイルの変化

    1日3か国移動|優雅な台湾からの中国ドタバタ劇
  3. Moneyとは?

    ネットビギナーのパソコン購入記|OS、処理速度とは?
  4. ライフスタイルの変化

    本格ジビエ食べに行きませんか?人間本来の欲求って何?
  5. ライフスタイルの変化

    the first day フィリピン|マニラ タクシー 安い
PAGE TOP