Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワーケーション

KTM鉄道の旅 |クアラルンプール 文化 歴史 

お久しぶりです。macoです。

先日のマレーシア、フィリピンにかなり刺激を受け、

帰国したら日本の寒さと花粉症に悩まされ、

気付けば次のフライトをチェック 笑

自由に自分の行動を決められるって素敵ですよね!

 

 

 

リアル「世界の車窓から」

 

今回はクアラルンプール~ペナンの鉄道の旅

を経験してみました。

クアラルンプール ~ バタワースはKTMというマレー鉄道、

バタワース ~ ペナンはフェリーで渡ります。

 

 

私はこちらから予約をしました!

マレー鉄道(KTM)公式サイト

※「e-Ticket」メニューより英語によるチケットの購入が可能

英語のサイトなので、翻訳とにらめっこしながら

普段電車やバスへの予約の5倍ほどの時間をかけながら無事に予約完了!

 

チケットもスクショでよいとのネットの情報を元に

スマホの写真フォルダを準備して、

不安にもなりながらいざ駅を目指します!

 

クアラルンプール駅はイメージとは裏腹に

 

駅に着くと、人がいない。

通勤時間だと思われる時間なのに、人がいない

 

 

しかも、切符を持っているわけではなく、持っているのは予約完了画面の写真だけ。

不安になりながら、チケット売り場でたどたどしい英語で質問。

 

「そのまま入っていいよ」

的なニュアンスの返答。

 

。。。でも改札 笑

改札の横の駅員さん専用通路をこわごわ通り、

 

無事に駅構内へ。

 

止まったエレベーター

人のいない構内。

照明も心なしか暗い。

 

本当に電車は来るんだろうか??

 

さ、寒い。。。

 

子どもが見たら喜びそうな鮮やかな電車到着!

無事に乗車完了。

 

意外と車内は近代的です

全席指定のため、指定された場所に座る。

今回3列目を予約しましたが、窓が2列ずつの大きいサイズ。

 

進行方向ではなく、後方をメインでみるような形になってしましました。

 

 

ご乗車の際は、何列目か??も是非チェックしておかれてくださいね!

 

クアラルンプールからペナンは約4時間の旅。

リアル「世界の車窓から」スタートです。

 

にしても、ネットでの事前リサーチ通り、車内は冷房がガンガン。

半袖、短パン、サンダルの真夏スタイルでは、30分が限界かなと思うので、羽織るものは必須ですね!

 

見えるのは緑ばかり

ビルも立ち並ぶクアラルンプールを出発して、10分も経つと辺りは緑ばかり。

しかも理路整然に同じ木が立っています。

 

「なぜ?」

「あの木はどんな使われ方をするのだろう?」

 

途中、数か所経由駅がありますが、

駅の周辺には町があり、それぞれのカラーはあるものの、同じモスクがある。

スピードのありながらの撮影は更にへたくそですね 笑

 

「どんな文化の元、モスクが立ってるのか?」

「人々の生活とどんな関わりが?」

 

 

歴史の背景や地理を知らないことがこんなにも自分の幅を狭くするなんて!!

 

学生時代、「社会」という教科は暗記教科だという認識だった私。

暗記が苦手な私は、社会自体すごく苦手な教科でした。

 

苦手だと思えば思うほど、

最低限だけすればいいか

という意識に変化してしまいます。

 

KTM鉄道の車窓を眺めながら、

あの時の自分はなんて勿体ないことをしていたんだろうと改めて感じました。

 

「なぜ」に貪欲に、

なんでも興味津々

 

でも、自分が目で見たり、触れるからこそ「なぜ」が広がる。

 

ども時期から、興味を絞らず、

自分の可能性が広いことをもっと自覚するためには?

 

自分の知らない環境へ積極的にチャレンジすることがとても大切ですね!

 

鉄道の旅終了

 

そうこうしているうちに、

バタワースに到着。

 

港に直結している工業地帯です。

 

ここでの衝撃はトイレにお金がかかること!

トイレの前に受付があり、そこで0.3リンギッドを払わないと中に入れない。

 

話には聞いたことがありましたが、こんなところで遭遇するとは!

こんなことなら、車内で済ませておけばよかった。

 

 

さて、ここからはフェリーです!

フェリー乗り場までは無料のバスが出ています。

バス案内の方も親切で、案内してくれた後

 

「アリガトウ」

 

マレーシアは親日の方が多いですね!

 

 

バスに乗ると、NO ドリアンの表示が!

ドリアンに関しては、是非こちらを。

 

フェリー乗り場は観光客がほとんどですが、

地元の方が車で往来するにも利用するようで

車スペースは満車でした。

 

フェリーに乗ること15分。

旧正月の時期とも被っていたこともあり、

赤い提灯が至る所に。

にぎやかなお祝いムード溢れる情景です。

あ!写真撮り忘れました。。。

 

時期をはずすと提灯は外れるのかな?

またその時期に来ようとリベンジ決定です!

 

最新記事はLINE@で配信しています。

ここだけの特典もあるかも?!

友だち追加

 

関連記事

 

 

 

 

関連記事

  1. ワーケーション

    ワーケーションの始まり|新しい人間関係の旅

    「沢山の人との出会いが、私を成長させる。」近頃、つくづく感じていま…

  2. ワーケーション

    Know the disparities in the Philippines|フィリピン 貧困 セ…

    フィリピン滞在中の今日はローカルフィリピン〜セレブフィリピンを一気…

  3. ワーケーション

    心の地図の重要性|フィリピン ジプニー 

    本日は最終日。衝撃的な出会いとは裏腹に数日滞在すると、愛着がわ…

  4. ワーケーション

    したいときが行動するとき| フィリピン 定番 観光

    マニラ3日目の今日は。the 定番を回ろう!…

  5. ワーケーション

    福岡グルメとインスタ映えの旅。そんな中私に起こったハプニングとは?

    こんにちは!macoです!前回に引き続き、九州ワーケーションの旅!…

  6. ワーケーション

    本格ジビエ食べに行きませんか?人間本来の欲求って何?

    本格ジビエを食べに行きませんか?私の尊敬する師である変態からの突然…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Auther

maco
小学校教員をうつ病で退職後、専業主婦に。
そんな中、ある出会いをきっかけにネットでのお仕事を始める。
離婚を経て、現在、ブロガー兼SNSマーケッターとして活動中。
海外のスカウト事業にも携わり、「WORK」と「VACATION」を合わせた「ワーケーション生活」で世界を飛び回りながら
働き方や海外での新しい出会い、macoならではのライフスタイルを発信中。
更に詳しくはこちらより
https://maco-mystyle.com/profile/

元ネット初心者のただの主婦が考える「不労所得」

クリック協力お願いします!

  1. ワーケーション

    the first day of your another journey|誕生…
  2. コブログ

    自分探しの旅|コブクロ 歌詞 蒼く優しく
  3. 最近の更新

    お金って何?
  4. ワーケーション

    シンガポール、セントーサで体験三昧
  5. ワーケーション

    Know the disparities in the Philippines|…
PAGE TOP