Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワーケーション

本格ジビエ食べに行きませんか?人間本来の欲求って何?

本格ジビエを食べに行きませんか?

私の尊敬する師である変態からの突然のステキなお誘い。

「自分の知らない世界を知る」ことに貪欲な私は、即決でYESでした!

この選択が、人生で1度触れる機会があるかどうかという貴重だけどスリリングな自分の新しいドアを開くきっかけになったのです。

 

 

…ジビエって何?

 

 

調べてみました。

 

「ジビエとは狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)で、

ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。

その昔フランスなどでは、ジビエを使った料理は自分の領地で狩猟ができるような、

上流階級の貴族の口にしか入らないほど貴重なものでした。

 

 

そのためフランス料理界では古くから高級食材として重宝され、高貴で特別な料理として愛され続けてきました。

そこには、「動物の尊い生命を奪う代わりに食材として大切に使い、生命に感謝を捧げよう」という精神が流れています。

山野を駆け巡り大空を舞った天然の肉は、脂肪が少なく引き締まり、

栄養価も高い、まさに森からの贈り物

力強く生命力に溢れた特別なごちそうです。」

(出典:一般社団法人日本ジビエ振興協会HPより抜粋)

 

なるほど。
狩猟で獲れる天然のお肉。

「初めて食べるなぁ」

「美味しいのかなぁ」

この時までは、この価値が全く分かっていなかったんです。

 

街中から少し入った住宅街の一角に、一際味のある小屋(尊敬を持って)が。

 

中に入ると吊るされているカモ。
イノシシの皮の剥製。

 

最初からインパクトありすぎな店内。

カウンターの中におられる、小柄で気さくなおじいちゃんとのギャップに戸惑いながらも

奥へ。

 

6人で丁度のテーブル席と

既に並べられた料理。

普段食べるお肉とは色の違いはあれど、

味にどれほどの違いがあるのはかまだ分からない。

 

「水で流せる脂」という事前情報。

脂が水で流せる?!!

頭の中はハテナだらけでしたが、

1口食べて驚愕でした!

 

究極の事前情報の通り、

「クセも嫌な主張も全くない」

それくらい自然。

 

通常、焼肉に行っても3枚、4枚食べると、満腹になる私が、

トータルでいただいたお肉は10枚以上。

それにプラスして急遽出してくださったコガモをその場でさばいたお肉もしっかり食す。

現実離れした空間で、食べるイノシシ肉とコガモ肉。

「素朴!」

いくら食べても必要以上にお腹に脂が溜まる感覚がまるでない。

これが体への負担のない、自然で生きるものを食すってことなんだと肌で感じる経験でした。

 

 

ハンターの「修羅場エピソード」(※写真はイメージ)

 

それだけでも貴重すぎる非日常の場でしたが、

カウンター越しに話される、「狩猟エピソード」が更に濃密すぎて

狩猟の世界にどっぷり魅了されてしまいました笑

 

気さくな店主(おじいちゃん)の
狩猟を始めた理由
生きるか死ぬかの戦い。

この道40年のエピソード。

 

 

時には野犬に囲まれたり、
時には登っている崖の上からイノシシに岩を落とされたり、
時には向かってくるイノシシを目と鼻の先でやっと仕留めたり。

名の通りの修羅場を何度も潜り抜けたお話は、刺激的で、

想像するだけでスリリングです。

生命の大切さや重みを改めて感じるエピソードばかり。

 

 

 

今の時代は、肉も魚もスーパーに行けば買える。
しかも、もう前処理の終わった切り身の状態。

 

そんな食材しか知らない子どもは実際の動物と食材が一致しない。

こんな話もよく聞きますが、

毎日摂る食事だけど、
一つ一つの食材に感謝できていたかを問われると30年以上生きてきた私でもハッとしました。

 

 

まとめ

 

人間の営みの中で基礎とされる「衣食住」

当たり前がゆえに、「本質」まで考えない。

 

「食」べると一言で言っても、

食卓に並ぶまで、

どんな過程をふまえてきたのか

どんな想いがそこに存在するのか。

最終的には「人間本来欲する衣食住って??」

という壮大、かつ、人間が昔から追い求めている命題のようなものに触れられたように感じています。

 

衣や住に関しても、一流の選択に触れてきたので、またの機会にお話しできればと思います!

 

本格ジビエっておいしいのかな?

という軽い興味しか持っていなかった私でしたが、

生命に対して改めて感謝を感じるとともに、

「本質」にもっとスポットを当てて考えられる自分を目指していこうと新たな目標ができました!

新たな「自分の知らない世界」に触れることで、自分の幅が増えます。

私自身の人生のテーマは「全て楽しむ!」

したいと思っていることができる自分になるために日々成長ですね!

今度は長期での旅予定。

今度はどんな出会いや経験ができるのか、楽しみです。

 

macoの自己紹介

 

 

↓macoを更に知りたい方はこちら↓
 
 

関連記事

  1. ワーケーション

    the first day フィリピン|マニラ タクシー 安い

    数日前から旅に来ています。日本から出るのは2回目。今回はフィリ…

  2. ワーケーション

    Know the disparities in the Philippines|フィリピン 貧困 セ…

    フィリピン滞在中の今日はローカルフィリピン〜セレブフィリピンを一気…

  3. ワーケーション

    シンガポール、セントーサで体験三昧

    こんにちは!macoです。シンガポールワーケーション中です!&…

  4. ワーケーション

    FAMILYとSTEP UP |マレーシア ペナン 旅

    こんにちは。macoです。最後の滞在先は、マレーシアのリゾート地「…

  5. ワーケーション

    福岡グルメとインスタ映えの旅。そんな中私に起こったハプニングとは?

    こんにちは!macoです!前回に引き続き、九州ワーケーションの旅!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Auther

maco
小学校教員をうつ病で退職後、専業主婦に。
そんな中、ある出会いをきっかけにネットでのお仕事を始める。
離婚を経て、現在、ブロガー兼SNSマーケッターとして活動中。
海外のスカウト事業にも携わり、「WORK」と「VACATION」を合わせた「ワーケーション生活」で世界を飛び回りながら
働き方や海外での新しい出会い、macoならではのライフスタイルを発信中。
更に詳しくはこちらより
https://maco-mystyle.com/profile/

元ネット初心者のただの主婦が考える「不労所得」

クリック協力お願いします!

  1. コブログ

    君になれ |コブクロ 歌詞 
  2. お金、セツヤク術

    ネットビギナーのパソコン購入記|OS、処理速度とは?
  3. 成功脳のレシピ

    ゴールのあるマラソンしてますか?目的地まで過酷な旅にならないために必要な目標の立…
  4. ワーケーション

    シンガポール|文化と伝統に触れた日 カトン チャイナタウン リトルインディア
  5. アイサレ術

    アイサレ術|目標の考え方とは?
PAGE TOP