Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アイサレ術

アイサレ術|スムーズな人間関係の構築方法

こんにちは!macoです。

 

人という漢字は。。。

どこかで耳にしたフレーズですよね。

そう!支えあって生きています。

 

私自身、

色んな刺激をもらったのも人。

成長できているのも人。

悩みに対して克服できたのも人。

 

私の周囲の素敵な方々の温かさのおかげで今の私があると感じています。

 

是非1度振り返ってみてください。

 

子ども時期には、両親や近所の方、学校の先生、祖父母、兄弟、クラスメイト…環境はそれぞれですが、

身の回りのことを1人で全てしてきた方はいないんじゃないでしょうか。

 

社会に出てからも、先輩、同僚、後輩、取引先の方、趣味友、恋人など、子どもの時期よりも

さらに交友関係も広がり、年齢、地域、性別、国籍を超えて人と繋がる機会は増えます。

 

いまでは、ネットの普及で更に会わなくても知り合える機会はたくさんありますよね!

そんな中で近頃よく「人間関係に悩んで。。。」

という悩みを耳にします。

 

そこで!

「aisare術(あいされじゅつ)」と称して、

人間関係のスムーズな作り方やコミュニケ―ションについて

ご紹介していきます。

 

この記事を書いてる私の自己紹介も併せてご覧いただけると幸いです。

 

今回のテーマは

「自分と他人は違う」

という考え方についてです。

 

 

「自分と他人は違う」

 

「彼氏と、別れちゃったんだ」

「なんで?」

「だって、毎日同じ時間に電話するって言ったのに、昨日電話かかってこなかったんだもん。」

「そうなんだ。それはどうしてだったの?」

「仕事だって。」

 

この会話、どう感じられますか?

 

「毎日電話するとの約束を破った彼氏が悪い」と思われる方もいれば

「仕事で遅くなったんだから仕方がないじゃない」と思われる方もおられると思います。

 

ここで話題にしたいのは

彼氏が悪い!彼女が悪い!

とどちらが悪いかではありません。

 

「人にはいろんな考え方がある」ことを知るということです。

 

皆さんは自分の考え方や価値観をしっかりお持ちだと思います。

 

「カレーとラーメンなら絶対カレー!」

「愛されるより愛したい!」

「休みの日は外に出るより家でゴロゴロしたい!」

 

小さな基準もあれば、大きな基準もあるかと思いますが、

違った考えを持つ方ももちろん存在します。

 

カレーを選ぶ人もいれば、ラーメンを選ぶ人もいますよね。

 

 

このように、「自分とは違った考えを持つ人が存在する」というのが、

人間関係を円滑に作っていくベースに必要な考え方です。

頭ではわかっていても、、、意外と心レベルで腑に落ちてらっしゃる方は少ないのではないかなと思います!

なかなか俯瞰して捉えることの難しい部分ですが、日々意識することで少しづつ変化してきますので

諦めずに永い目で捉えるようにしたいですね!

 

 

「他人は変えられない」

 

 

先ほど、自分と他人は変えられないというお話をさせていただきました。

「違う」とは分かっていても、些細な部分でぶつかてしまうのが人間。

 

「冷蔵庫の中のプリン、勝手に食べたでしょ!」

「名前書いてないから食べていいのかと思って。」

「名前書いてなくても、私が買ってきたの、分かるでしょ!楽しみにしてたのに!!」

 

このような話、よく聞きますよね。

 

「自分と他人とは違う」という考え方ともう一つ大切な考え方をご紹介します。

 

「他人は変えることができない」

 

人と関わり合いを持つ中で、

普段はとても仲の良い友人でもぶつかることもありますし、

そもそも苦手意識を抱いてしまう方と出会うこともあります。

 

そんな時、あなたならどうしますか?

 

喧嘩の対象や苦手意識を抱く対象が、両親や兄弟など近い関係であればあるほど

相手を変えようとしてしまいがちです。

 

 

残念なことですが、相手を変えるということは非常に困難なことですし、

無理やり相手を変えようと関わると余計に関係が悪くなったりすることも多いものです。

 

こんな時は、相手の短所や

自分と合わない部分ばかりを意識するのではなく、「良いところを見つけよう」という視点に変える

とても心が軽くなります。

どんな人にも自分が感じることのできる「良いところ」は必ずあります。

 

また、別視点から

「なぜ、自分は相手を変えようとするのか」

と自分の枠の中に入れようとする心の動きを突き詰めて考えると

自分自身の心の未熟さや自分を深く知ることにも繋がります。

 

大切なのは、

「視点を変化させること」

他人を変えるのではなく、自分の視点を変えることで、違った捉え方ができるようになります。

柔軟な視点を持つことによって、人間関係を把握でき、より柔軟に対応できる自分になっていきましょう!

 

 

バックナンバー

 

私事ではありますが。。。

月に1回ほどのペースで休暇と仕事を兼ねたワーケーションさせていただいております。

旅に出ると得られるものはかなり多いです!

aisare術のルーツである旅行記はこちらより

 

関連記事

  1. アイサレ術

    アイサレ術|目標の考え方とは?

    こんにちは!macoです。アイサレ術に行き着いたベースのベースの一…

  2. アイサレ術

    自分の強みを知る|グッドポイント診断

    こんにちは!macoです。アイサレ術では「自分を知ること」がか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Auther

maco
小学校教員をうつ病で退職後、専業主婦に。
そんな中、ある出会いをきっかけにネットでのお仕事を始める。
離婚を経て、現在、ブロガー兼SNSマーケッターとして活動中。
海外のスカウト事業にも携わり、「WORK」と「VACATION」を合わせた「ワーケーション生活」で世界を飛び回りながら
働き方や海外での新しい出会い、macoならではのライフスタイルを発信中。
更に詳しくはこちらより
https://maco-mystyle.com/profile/

元ネット初心者のただの主婦が考える「不労所得」

クリック協力お願いします!

  1. ワーケーション

    したいときが行動するとき| フィリピン 定番 観光
  2. ワーケーション

    福岡グルメとインスタ映えの旅。そんな中私に起こったハプニングとは?
  3. SNS集客限定コンテンツ

    SNS集客で9割かけるべき作業とは?ブランディングで押さえるべき3つのポイント
  4. コブログ

    自分探しの旅|コブクロ 歌詞 蒼く優しく
  5. ワーケーション

    シンガポール、セントーサで体験三昧
PAGE TOP